スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法少女まどか☆マギカ 第7話 「本当の気持ちと向き合えますか?」

佐倉杏子はイイヤツだった。
そして、じわじわと迫ってくる恐怖感・・・

以下ネタバレ注意
魔法少女の真実を知ってしまったさやか。
『自分自身』であるソウルジェムを机に投げ出すあたり、かなりのショックだったようで。

「騙してたのね」と問いかけるさやかに対し、

QB「説明を省略したけれど・・・」
 「きかれなかったからさ」


絶対わざとだろ!
さすがキュウべぇ、きたない。

これで「実はQB白でしたー」なんて事になったらそれこそ恐怖なきがする。


ついでに、人の魂への認識の曖昧さを指摘するキュウべぇ。
魂が肉体を離れていることの利便性を、さやかに実際の苦痛を体験させることで理解させようとしてますが・・・

どんな拷問プレイですか?これ。

ヒデェ・・・キュウべぇまじ鬼畜


とどめは

「(願いは)間違いなく実現したじゃないか。」


・・・つまり、奇跡に釣られて契約したお前が悪いと。

キュウべぇまじ鬼畜。 大事なことなので(ry


そうそう、キュウべぇ曰く、
「あのマミでさえ、最期まで気付かなかった。」
らしい。

このセリフから、
 1.マミさんが優れた魔法少女であったこと。
 2.キュウべぇはマミを完全に死んだものとして認識していること。
が分かりますな。

マミさん復活フラグは幻想だったか・・・orz

・・・そういたOP元に戻ってたね。



ほむらは魔法少女の真実を以前から知っていたようです。
どうして教えてくれなかったのか、と問うまどかに対して、

「信じてくれた人は一人もいなかったから。」

と返すほむら。

これじゃあ、キュウべぇと一緒じゃん・・・


しかしながら、ほむほむの発言には色々伏線が張られてそう。

「1人も」って言っているのが気になる。

さやかに対してそれほど注意を払っていなかったほむらが、その他大勢の魔法少女候補にいちいち説明しているとは思えないんだよなぁ・・・

いつだかの、「数え切れない程の魔法少女の死を見てきた」ってのもそうだけど、
やっぱほむらって同じ世界をループして来てるんじゃね?
とか思ってしまう。

うーん、でもループ世界なら色々未然に防げたことも多いわけで、ミスリードな気もするかなぁ・・・


キュウべぇは、人の価値観の通用しない存在。
奇跡とは人の命を持っても贖えない物。
その奇跡を売って歩くのがキュウべぇ・・・

キュウべぇ、めっちゃ悪いやん!

ほむらの
「きっともう・・・人間ではないからかもしれない。」
ってセリフも、重いなぁ・・・


学校を休んでしまったさやかはというと、杏子に呼び出されておりました。
不器用な言葉ながらも、さやかを励ます杏子。
さやかの敵意むき出しな言葉も、軽く受け流すあたりがグッと来るねぇ。

2人がたどり着いたのは、古びた教会。
そこは杏子の父親の教会であり、杏子が魔法少女になるきっかけとなった場所。

正直すぎて、優しすぎるがゆえに破門された父親。
そのせいで食べる物にも困るようになった、杏子の家族。
父親が正しいことを認めてもらうために、
「みんなが親父の話を真面目に聞いてくれますように」
と願った杏子。

しかし、魔法の力で得た幸せは長くは続かず、父親は杏子を『魔女』と蔑み、家族と共に無理心中してしまう。

つまり、杏子は、魔法少女になる契約の願いを他でもない『他人』のために使ってしまい、その結果不幸が訪れたと・・・

前回でのさやかに対する心無い言葉も、利己的に振舞うその流儀も、自分の過ちが故のもの。
同じ過ちを犯してしまったさやかを心配する杏子。
杏子、マジいい奴じゃないスかー!!

杏子を誤解していたと、謝るさやか。
しかし、2人が真に分かり合うことはない・・・

自分のためにしか魔法を使わないと誓う杏子。
自分のためには魔法を使わないと誓うさやか。

あくまで杏子とは真逆の生き方を貫くと決心するさやか。
さやか・・・あんた真面目すぎるよ・・・(TωT)


ふぅ・・・密度濃すぎんだろ、このアニメ。


ところ変わって、さやかは学校へ登校。
上條くんも無事登校できるようになってようで。

ここで、今まで空気だった仁美に動きが・・・
「私、上條恭介くんのこと、お慕いしていましたの。」
なんか急にラブコメっぽくなってきたぞ・・・
でも、全然明るい展開にならない。(汗)

後悔しないと誓ったのに、仁美を助けたことを一瞬後悔してしまったさやか。
そんなことを考えてしまった自分を責めるさやか。
もう、さやかをいじめないであげてくれよぉぉ 。゚(゚´Д`゚)゚。

気持ちをまどかにぶちまけるさやか。
それを優しく受け止めるまどか。
この流れ・・・3話あたりで見たことがあるような・・・・・・

今度は使い魔ではなく、グリーフシードを落とすであろう魔女と戦うさやか。
杏子はそんなさやかを見守っていますね。
やっぱ杏子さん、ええ人やー

ここから影絵風の戦闘シーン。
苦戦するさやか。
助けに入る杏子。
やばい、ここマジで鳥肌たった。

血まみれになりながら、魔女をたたき切るさやか。
「ほんとだ・・・!その気になれば痛みなんて・・・完全に消しちゃえるんだ!」

明るい未来が見えない・・・


今回の1枚
まどか #7
その目に光るは血か、涙か・・・
スポンサーサイト

テーマ : 魔法少女まどか★マギカ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

魔法少女まどか★マギカ 第7話「本当の気持ちと向き合えますか?」

奇跡はね、本当なら人の命でさえあがなえるものじゃないのよ。  それを売って歩いてるのがあいつ――。  契約の時に聞かれなかったから言わなかったと軽く言うキュゥべぇ。 最低の裏切りですが、人でないモ...

魔法少女まどか★マギカ 第7話「本当の気持ちと向き合えますか?」

言わないのが悪いのか。 聞かない方が良かったのか。 所詮キュゥべえは人間とは違う生き物。 任務を淡々とこなすだけ。 さやかちゃんの怒りも悲しみも「何で?」という感じでしたね。 世の中うまい話は...

(佐倉杏子)魔法少女まどか★マギカ 7話「本当の気持ちと向き合えますか?」(感想)

美樹さやかは本当に 本当の気持ちと向き合えたのでしょうか? 痛みさえ失い、人の心を喪失したかのように見えるさやか。 人間とは何なのかまで問われた内容に感じました。 佐倉杏子の魔法少女になる...

(アニメ感想) 魔法少女まどか☆マギカ 第7話 「本当の気持ちと向き合えますか?」

魔法少女まどか☆マギカ 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]クチコミを見る ●意見交流の場として掲示板を設置しました。記事の感想や意見、原作ファンからの補足、もちろんアニメの感想 ...

魔法少女まどか☆マギカ 第7話 感想「本当の気持ちと向き合えますか?」

魔法少女まどか☆マギカですが、魂を宝石に凝縮されていまった美樹さやかはキュウべえに文句を言います。しかし、キュウべえには罪悪感もなく、戦うには便利だと逆ギレします。更に腹に槍が刺さったイメージを実演しますが、普通の体なら当然動けなくなります。そんなこと...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

A-FOS

Author:A-FOS
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。