スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アバター」観てきました!

いやぁ・・・やっと観てくることができましたよ。
「アバター」

今回は感想を交えつつ、3Dメガネのしくみを書いてみようかと・・・
んーっと、超簡潔にストーリーをまとめると、

「負傷兵の主人公が、"惑星パンドラ"で"アバター"に入ることになって、原住民"ナビィ"達と交流を深めていき、最後はパンドラの自然を守るために彼らと共に人間達に立ち向かっていく話。」

・・・ホントはもっと複雑な話なんだけど、あんまり詳しく書いちゃうとネタバレになっちゃうんで、この程度で。


パット見た感じは、わかりやすい"SFアクション+α"って感じ。
シナリオ重視の映画は退屈気味な方でも大丈夫・・・たぶん。

もちろんアクションオンリーなワケはなく、脅威の映像美を通して"異民族との交流""環境保護"とかもしっかりメッセージとして訴えかけていると思う。

まぁ一回観たくらいでは、この映画で伝えようとしていることを全て理解するのは難しいような気もするんで、率直に第一印象だけ言っておくと、

「面白かった!」

・・・小学生の読書感想文以下のクオリティでスミマセン・・・・・・
でも映画って、究極的には「おもしろい」or「つまらない」に帰着すると思う。

・・・さて、やや脱線した気もするが、何が言いたいかというと、「観て損はしません」ってこと。



さて、ここからが本題
(今までのは前座ってことで)

「アバター」がここまで注目を集める要因の1つであったと思われる「3D」についてである。

今回シアターで配られた3Dメガネがコレ↓
3Dメガネ
何種類かある3D化方式のひとつ、"XpanD方式"のメガネです。

簡単に仕組みを説明すると、スクリーン側から送られてくる赤外線信号を、眉間部分にあるセンサーで受光し、その信号をもとに左右のレンズにあたる部分を交互に黒くするって感じ。
この作業は超高速で行われているので、映像がちらついて見えたりすることは無いです。

このタイプの3Dメガネの場合、眉間のセンサーをふさぐと信号が遮断されて3D処理がされなくなるので、興味があったら試してみてね♪

ちなみに電池も入ってるんで、重量はやや重めです。
映画館から出たら、鼻にメガネの跡がクッキリww


さて、コレを使って映画を観た感想はと言うと、
「最初は違和感も感じるけど、慣れてくると違和感なく映画の世界にとけ込んでいける」
といったところ?
最初のうちはどうしてもメガネが気になってしまうんで、"3D慣れ"しないうちは映画に集中できないかも。


さて、ぐだぐだと書き連ねてきたけど、まとめといこうか。

内容・3D映像どちらを取ってもすばらしい内容なので、時間とお金に余裕のある方はぜひ。
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

A-FOS

Author:A-FOS
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。