スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラッディ・マンデイ 2nd 第4話

2話分くらい抜けちゃったけど、今更ながら「ブラッディ・マンデイ」の感想を書いてみる。

今回の山は、「折原マヤ、死ス」
・・・って、予告で一番大事なこと言っちゃアカンだろーーー!

ま、それはさておき。
前回は水沢響がテロリストだった!ってところで終了。
いきなり藤丸を連行しようとあれこれ脅し始めます・・・・・・が、そこへ音弥登場。
・・・で、そのあとどうなったんだっけ?
PCやりながら見てたからちょっとうろ覚え・・・・・・

ともあれ、何とか連行はされずにすんだようで。
どうやら音弥が藤丸の元に来れたのは、マヤのおかげの様子。

前作でテロリストであったマヤを信じる音弥。
「あの人は、あおいの仇をとってくれると言った。」

完全には信じられない。だが今はマヤの元に向かうしかない藤丸。


一方、サードアイでは加納さんが裏切り者の汚名を着せられ、尋問を受けていました・・・・・・
こんな展開の場合、大抵バカな組織が罪のない人間を拘束し、本物の悪者にはまんまと逃げられるのが定石。

ってかシーズン1での宝生さんのことといい、スパイ多すぎだろ・・・・・・

なんとか脱出した加納さんはマヤに連絡、合流を約束します。


その頃、遥の同級生で彼氏候補(?)のヤギ君の手にはピストルが・・・
「これで・・・・・・これでぼくをバカにしてきた奴らを皆殺しにしてやるんだあぁぁ!!!」
とかなるのかと思ったら、この少年、結構頭が回る。

いじめっ子3人組のもとへ向かうと
「ねぇ、ロシアンルーレットしようよ♪」
・・・マジですか・・・・・・
一度は自殺を試みた人間の覚悟は狂気じみたものがあるようで、あっさり自分の番を終えるヤギ君。
そしていじめっ子のリーダーが引き金を引こうか迷っているところ「もうイイよ」と空に向け発砲!

ヤッタね♪ヤギ君。
こうして彼は、1人の人間も殺すことなくいじめっ子達を手中に収めたのでした。
新たなテロリスト誕生の瞬間・・・・・・


マヤと行動を共にする藤丸達は、ハッキングで得た情報を元に「第3の皇帝」を目指す。
が、藤丸が得た情報は「ホーネット」がしかけた罠だった!!
「ファルコン、破れる」

ついでにオレンジコートの男・・・たしか「ビースト」だっけ?に見つかり、銃撃戦へ。

マヤさん必死に応戦しますが、ハンドガンじゃツラくね?
もうちょっとマシな装備をしておけば・・・・・・
対するビーストは、ショットガンでマヤを追い詰める。

藤丸達にあとのことを託し、ビーストに単身向かっていくマヤ。
コンテナの上から接近してきたところへ一撃!自身も怪我を負うものの、ビーストを撃破!
が、マヤの前には以前、マヤの名をかたった女が・・・どうも彼女らの間には過去の因縁があるようで。
倒したと思ったビーストも、防弾チョッキで弾を防がれており、マヤ絶体絶命。
だからハンドガンじゃ無理だってーーー(泣)
と思ったかどうかは知りませんが、マヤはもう1人のマヤに向けて決意の発砲!!!


夜が明けると、昨日の銃撃戦の場には加納さんの姿が・・・
瀕死のマヤを見つけた加納さん。そして彼に看取られマヤは息を引き取る・・・・・・

マヤさんホントに死んじゃうんだ・・・
Jもなんだか死にそうだし、シーズン1の主要人物どんどんいなくなっちゃうじゃん。

ともあれ、藤丸達に情報をあたえ、結果的に加納さんの無実を証明することになったマヤさん。
あおいに比べれば十分「愛のある死に方」だったのかなーとは思う。
スポンサーサイト

テーマ : ブラッディ・マンデイ
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

A-FOS

Author:A-FOS
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。